住宅を長持ちさせるには|文字通りの健康住宅で生涯健康に暮らせるようになる

文字通りの健康住宅で生涯健康に暮らせるようになる

住宅を長持ちさせるには

積み木

重要な湿度対策

湿度の高い日本では、住宅を長持ちさせる工夫として湿度対策が大切です。茨木の一戸建ては、室内に湿気を溜め込まず、外に排出する仕組みを備えています。基本的には自然な空気の流れを作るように設計し、構造上湿度の溜まりやすい床下などには排気口を設けます。見落としがちなのが壁の中の湿気対策で、壁の湿度対策は室内の環境も影響します。茨木の一戸建ては、普段見えないカ所にも配慮し、住宅を長持ちさせる工夫をしています。湿度対策は、建物の寿命を決める重要なポイントなので、必ずチェックするようにしましょう。床下の風通しはどうなっているか、壁の結露対策はどうなっているか、侵入した雨水が流れている構造になっているかなど、担当に説明してもらいましょう。

理想は全室に火災報知機

茨木の一戸建ては、防火対策にも力を入れています。燃えにくい外壁を採用し、隣家で火災が発生しても、すぐには燃え広がらない耐火性の高い外壁で住宅を守っています。隣家からのもらい火を防ぐには窓の位置も重要です。燐家の窓とこちらの窓が向かい合わせになっていると、窓から窓に火が移りやすいことが知られています。そのため防火対策としては、隣家の窓とこちら側の窓が位置的にずれるよう設計します。窓と壁が接するようにすれば延焼が遅れ、その分、避難や消火の時間を稼ぐこともできます。火災を知らせる火災報知機の設置は、理想的にはすべての部屋に行うことが望ましいといえます。茨木の一戸建ては、全居室と廊下、洗面所、浴室、トイレに設置を実施した物件もあり安心です。